京都文化博物館☆イベント

既に始まっていますが京都文化博物館 別館

1F JARFO 京・文博 LUCK さんにて

期間限定で展示、販売して頂いてます☆

地元京都での初めての出店、嬉しいです♡

期間は11月12日〜12月25日

14925614_1240076042698194_5055930532158772774_n

LUCKさんでは

毎月イベント内容、作家さんが変わるそうです。

参加させて頂いた今月は

“つつむ”をテーマに

7名の作家がさまざまな作品を作っています。

紅葉の綺麗なこの時期、

是非京都へ遊びに行かれた際は文博まで♫

LUCKさんは三条通り側入り口から入って

右角のスペースです☆

img_1789

福岡も紅葉綺麗だよっ!

オンラインショップオープン*

tomoccaの商品がネット買える様になりました☆

革小物が主になるかと思いますが、

ちょこちょこ品揃えを増やしていこうと思ってます♫

ハンドメイドの革小物、革かばん、革財布のショップです。

是非覗いてみて下さい***

▼▼▼

Online Shop

6月にイベント出店☆

まだ詳細は決まっていませんが

6月に関西でのイベント出店が決まっています。

なかなかブログアップ出来ていないこの頃ですが、

また決まり次第こちらにアップしたいと思います♫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イベント終了しました☆

ちょっと日にちが経ってしまいましたが

博多阪急でのアオコレ!イベント無事終了しました♫

IMG_2618

IMG_2628

今回も素敵な作家さんとの出逢いもあり、

とても楽しかったです☆

IMG_2645

初のオーダー会もさせて頂けて。

皆さん工具にも興味津々。

勉強になったこともあり、これからはもっと外で

なにか出来たらいいな〜と思いましたっ☆

オーダー会@博多阪急

先日のブログ

☆イベントのお知らせ☆

でお伝えした2月17日から23日までの博多阪急8F

チャーミングステージでの

アオコレ!イベント開催中、

19日金曜日15時からオーダー会をします!

tomocca初めてのオーダー、セミオーダー会です☆

革鞄、レザー長財布、革小物の

フルオーダー(デザインからご相談しながら製作します。)

セミオーダー(tomoccaのデザインで革やパーツの色等をお選び頂き製作します。)

を直接ご相談頂けるチャンスです♫

インターネットからのご相談はコチラからどうぞ

▼▼▼

Contact

☆イベントのお知らせ☆

2月17日から23日までの1週間、

博多阪急8Fチャーミングステージにて

ハンドメイド作家さんたちの作品が集まる、

アオコレ!イベントにtomoccaも出品させて頂きます♫

今回は19日15時から

オーダー会もさせて頂く予定です。

オーダー会の詳細についてはまた後日書きます。

アオコレではアクセサリーや手彫りのハンコ等、見ていて

ウキウキする雑貨が毎回たくさんなので

是非遊びに来て下さい☆

IMG_8049

2016 新年

明けましておめでとうございます。

昨年も本当に沢山の方にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

今年はもっともっと、新しい境地を開拓していく年にしたいです。

今年もどうぞ、tomoccaを宜しくお願い致します。

P1013110

クリスマスプレゼントに…靴べら編

もう来月はクリスマスですね!

男性へも、女性へも贈って頂きやすい

クリスマスプレゼントへの商品のご紹介です♫

先日、e-acce.リバーウォーク北九州店さんにも

納品させて頂いたコチラのレザー靴べら

携帯して頂けるように手のひらサイズでお作りしています。

革の微妙な弾力がストレス無く滑らかにかかとを

靴にインさせてくれます!

FullSizeRender (31)

裏は栃木レザーのオイルヌメ革を使用。

表も裏も、使う程に変化する革です。

さりげなくバッグに入れられるようにキーホルダータイプ*

お洋服やバッグだけでなく、

小物にこだわる方へのプレゼントにもぴったりです。

image1 (5)

セミオーダーで

①革のお色目

②カシメ、キーホルダー部分のパーツのお色目

(ゴールドorアンティークゴールド)

をお選び頂き、お作りする事も可能です♫

レザー製 靴べら ¥4,536-(税込)

別途送料

(革により価格が変わる可能性があります、ご了承下さい。)

オーダー、お問い合わせはこちらからどうぞ

▼▼▼

CONTACT

納品完了☆



e-acce.リバーウォーク北九州店さんに

追加納品させて頂きました〜☆

点数は少ないですが

今の季節に使えるバッグや‥

プレゼントにも抜群のレザー靴べらなどを数点*

沢山の方に手に取って、気に入って頂けます様に♫

お店の場所や営業時間は↓でチェックして下さい☆

リバーウォーク北九州



田園の牛☆


先日、大分県別府市に行ってきました。

車で目的地へ向かう途中、山の中でプチ迷子になり…

結構な距離 迷子になっていると

牛舎!!牛!!黒毛!!

まるで映画で見るアメリカの田舎のよう…

周りには少しの民家と川と田畑。

後ろには巨大な山脈の面々。

トラクターに乗ってるお父さんは何故か

金髪。

そこで初めて黒い牛を見たんです。

(多分違うけど)近い将来、

わたしが鞄を作る時に使う牛革は

この子の皮かもしれない…

来週食べる牛肉はこの子のお肉かもしれない…

そう思うと、体にたかってくる蠅をうっとおしそうに

尻尾ではらっていたり、

少し離れたところにいるお父さん(多分世話している方)の

話し声の方向に耳を向けてみたりしている姿が

可愛くさえみえて

なんとも言えない気持ちになりました。

もちろん、わたしたちは

命を毎日頂いて生きている。

想像出来ないくらいの動植物の命を頂いている。

食だけではなく、遥か昔から

身を守るため、体を暖める為に

動物の皮を利用し、

それが現在オシャレをする為のツールにもなっていますよね。

その日、立命館アジア太平洋大学で開催されていた

世界報道写真展に行ったのですが、

現代社会の問題の部、一般ニュースの部、スポーツの部など

さまざまなカテゴリーに分けられていたなかで

自然の部でパオロ・マルケッティという

イタリア人カメラマンの作品、

カイマンというアリゲーター科のワニの養殖風景から

革にされる工程を撮っている組写真がありました。

コロンビアで1990年代から丈夫さ、質の高さが評価されて

養殖が増えているそうです。

組写真なので同じテーマで数枚の写真が出展されていたのですが

カイマンが食す用のさっきまで生きていたであろう大量の小動物の生肉や、

(この小動物も皮が剥がれていたのでもしかすると革の材料になっているのかもしれません)

皮をとる為にヒトツキされたカイマンが重なり合っている写真や

染色され、カラフルな革となりつるされている写真。

かなり生々しい場面や、へーそうなのかと

思う場面もあり、思わぬところで出逢った写真で

とても勉強になりました。

素材としてみているので頭では牛の革と分かっていても

あの風景や材料を手に取るまでの工程までをいつもは想えずに作っていました。

実際に見たときのあの感情を忘れない様に大切にしながら

オーダーして下さる方のイメージや想いを形にしていきたいと

引き締まる想いでありました*

革のお話① 皮から革へ

革のお話② 鞣しの種類・特徴

革のお話③ 鞣しの種類・特徴

を読んで頂くと

さらに革について理解を深められると思います☆